« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ポカポカ

P10005440001_2a

P10005470001a

P1000546a

久しぶりに暖かく、最高気温はプラス1℃。

屋根の雪が溶け始め、ポタポタと雫の落ちる音が響きます。

夕方になると地響きのように、どどどどーっとお店が揺れるほどの衝撃で
屋根から雪が落ちてきました…ゾッとするほど怖かったです。
誰も歩いてなくてよかった!

北海道は落雪による事故が多いので気をつけないと!と本当に思いました。

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

小焼け

小焼け

小焼け

小焼け

ご要望が多かったのでお作りしました〜!

値段は3種類で、重さで値段がかわります。
大きさの目安に…

左 1365円
直径約5㎝×高さ約5㎝

真ん中 1470円
直径約5.5㎝×高さ約5.5㎝

右 1575円
直径約6㎝×高さ約5.5㎝

小焼けはカモミールの香りがします。

小さいですが夕焼け色の灯りとカモミールの香りがお楽しみいただけます♪

私はこの香りが大好きです♪
よっ、待ってました!と思わずかけ声をかけたいくらいです。

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

森のレコード

P1000542a

P1000538a

他の木のろうそくと比べるとわかりやすいのですが、
レコード盤をイメージしていて年輪が細かく、たくさん入っています。

左 1260円
直径約6㎝×高さ約4〜4.5㎝
切り口がななめになっています。

真ん中 4410円
直径約10㎝×高さ約6.5㎝

右 2940円
直径約8㎝×高さ約7㎝

4410円と2940円のろうそくはふちに模様もあります。

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

ハートの年輪

ハートの年輪

ハートの年輪

手のひらサイズの可愛らしいろうそくです♪

直径約6㎝×高さ約4㎝ 1050円です。

よ〜く見ると年輪がハートの形になっています。
小さいろうそくですが10時間前後火がつきますよ!

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

久々の青空♪でも雪が降らないと寒く、今日の最高気温は−6℃。

でも雪かきがおやすみでうれしぃ〜♪

ふと見ると鳥のエサ台にあったりんごをテンがこっそり持っていきました。

昨日はめずらしくキツネもきました。
すばやく逃げられ写真に撮れず…

夜に外のランタンに火を灯したら雪が積もっていてとってもきれいでした♪

サトウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

春風ランタン

P1000506

毎日の雪でお店の屋根にはこんなに雪が積もっています。

少しつっついて雪を落としましたが、これが全部流れ落ちると
怖いので今日はここまでです。

P1000521

本日、季節限定の春風ランタンができましたぁ♪
サクラのもように、中側のピンクのロウにはサクラの香りもついています。

P1000511

P1000519

一番太い部分の直径約9㎝×高さ約9㎝ 2100円です

ランタンはロウでできた器です。
上部は多少溶けますが、あとは残りますので
中のカップ付きろうそくを替えて、繰り返し灯りと香りが楽しめます。

真っ白の雪景色ですが、ここだけは春がきました♪

サトウ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

アイスキャンドル…

Ca3j01560001a

富良野から北へ車で3時間の下川町に8日から来ています。
気温マイナス28度にはビックリ!
アイスキャンドルはバケツに水を入れ、夜間 外に出しておくと…
朝には氷のランタンができ、中にキャンドルを入れると完成です。

9日は下川町の子供達と氷をノコギリやノミでカットし、
氷と氷を水で接着してオブジェを作って、灯りを入れました。
その様子をNHK旭川が取材し、昨夜6時半頃のニュースで流してました。
13日には東京から団体客 33名が来られ、氷の中に灯すキャンドルを作ります。
その後3月11日の灯りとして岩手の被災地に運びます。

ヨコジマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

今月のおすすめ

P1000472_2a

P1000494

P1000470_2

見た目はシンプルですが、火をつけるとこんなにキレイな灯りなんです♪

直径約7.5㎝
高さ約6.5㎝
2100円→1890円です!

炎の熱で上部は多少溶けますが、外側が残ります。
溶けたくぼみにカップ付きろうそくを入れて灯せば、繰り返し灯りを楽しめますよ♪

自然に溶けた形がまたなんとも言えません♪

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

毎日どっさり

P1000474

P1000487

P1000488_2

P1000492

もうやめて〜!と空に叫びたいほど毎日大雪が降ります。
お店に来てから雪かきは2回3回は当たり前…さすがに毎日続くとしんどいです。
今日は夜にテンが遊びに来てくれました♪
心が和むひとときでした!

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

どっさり

P1000464

P10004630001

P1000462

朝からずーっと雪です。
何回雪かきをすればいいのやら…
私がお店に来てから30㎝以上降ったのではないだろうか。

でもモフモフした道を歩くのは楽しいんです♪

サトウ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

ぼた雪

ぼた雪

ぼた雪

外を出た瞬間「あったか〜い!」と思わず口に出てしまうほどのあたたかさ。
今日の天気は雨予報…最高気温は+1℃。
雨は降らず、湿った大きなぼた雪が降っています。

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

小空

P1000447a

P1000449a

「ちっちゃいお空はないんですか?」とご要望が多かったのでお作りしました♪

小空
直径約3.2㎝×高さ約3.5㎝ 1050円です。

木の子や大空と並べると小さく愛らしいサイズです。
ちっちゃくても雲が浮かんだキレイな青空です♪

雲のもようが4面違うのでいろんな角度からお空が楽しめますよ♪
通信販売もしていますので気になった方はお気軽にご連絡ください!

森のろうそく屋
08054363750
furano@tomoscandle.co.jp

サトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

『2012年3月11日』

『2012年3月11日』
 
あなたの思いをいっしょに『灯り』にしてみませんか…

『2012年3月11日』は岩手(久慈、野田、田老、宮古、釜石の予定)、
それぞれの漁港に『灯り』を作ります。
フクシマ原発から半径20㎞を灯りで囲うプランもあります。

東日本の海岸線の灯り…
流された家の跡に灯り…
あなたも『灯り』をともしませんか。

それぞれの現地にて14時46分に「黙とう」後、作業を開始します。
まず、キャンドルを設営し、夕暮れ時に点灯、2〜3時間後に消灯し
片付けをします。

消灯後のキャンドルはお持ち帰り出来ます。
キャンドルの持ち込みは歓迎します。

被災地に来られる方は基本的に現地集合・解散ですが宿泊の場合は
お問い合わせ下さい。

持参するものは防寒具、チャッカマン(点灯用ライター)など。
現地に来られない方は、お近くの被災地、又はご自宅で灯してください。

*協力
トモスキャンドルクラフト
ギャラリー砂扇&トモス
森のろうそく屋
井上隆夫(ペガサスキャンドル)
倉本聰

*お問い合わせ先
横島憲夫(トモス)
TEL 0334036647(平日10〜17時のみ)
FAX 0334036691
norio@tomoscandle.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

2月2日

P1000416
 
P1000433_2
 
P10004370001
 
昨日はゾロ目のガイアナイトでした。

うちのオーナー横島が立派なつららを集めて、
バケツ片手にアトリエの前で何やら作っていました。

夜になってそこにランタンを灯すととてもきれいでした!
今年は最高気温が−7℃が平均なので、
しばらくつららのオブジェも楽しめそうです♪

サトウ
  
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

ちょっと大きなろうそく

P1000423
 
ちょっと大きなろうそく
 
ちょっと大きなろうそく
 
動物などがついていない切り株…でもちょっと大きめが欲しいなぁ~。

と、ご要望が多く今まで3千円代のものがなかったのでお作りしました!

直径約7~7.5㎝
高さ約8.5㎝ 3150円です。
ふたつ並べている右側は2100円のろうそく。

まだ灯した見本がないので火をつけると
写真のように優しい灯りと木の香りが楽しめますよ♪

サトウ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »